Joya

Joyaの研究

圧力を分散させる構造

スイス連邦工科大学の調査研究

Joyaの靴が人々の歩行にどのような影響を与えるのか、そして足にどのような力が加わっているのかを調査するため、スイス連邦工科大学の生物力学研究所(ETH Zurich) は歩行分析を使用して調査を実施しました。この調査では12名の被験者が裸足、Joya、KyBoots、MBTで歩いている時の動き方の連続性を調査。分析は高速度ビデオ録画を使用して行われ、足が地面に着いた時の衝撃、体の位置、動きの運動学的測定が行われました。

※調査協力: Dr Silvio Lorenzetti, Dr Renate List, Patrick Hiltpold, Aline Mühl

調査結果はJoyaを高く評価しています

  • 踵が地面に着く最初の段階ではJoyaのソールのクッション効果によって体に影響する力を、裸足で走った場合、歩いた場合と比べ、2倍から5倍も減少させる。
  • Joyaはソールがやわらかく、柔軟であるため非常に多くの動きが可能になる。水平でなく、自然の地面(砂、上り坂、下り坂など)を歩いている時よりも、動ける範囲が他と比べ大きい。ソールの柔軟性によってより多くの努力、より多くのエネルギーが必要とされ、筋肉は、より多く鍛えられるという結果になる。
  • Joyaの靴は、他のこれまでの靴と比較すると、モーショングラフにおいて一般的に滑らかになっている。(ガタガタしていない)
  • 上半身の姿勢に関してはJoyaとロッカーソールシューズに違いは認められない。

詳しくはこちらでご覧いただけます。

医師、専門家の声

寺尾 友宏氏

歩行を快適に、より楽しくしてくれる靴

Joyaの靴を履くと、歩くことがとても楽しく感じます。足を踏み出すたびに自然と歩行をサポートしてくれて、まるで後ろから誰かがポンとやさしく背中を押してくれるような感覚になるからです。普段歩くことを楽しんでいる方は、より快適な歩行を楽しめるでしょう。また、膝や足が痛い方も、地面からの衝撃をソールが吸収してくれるので、より快適に歩行を楽しむことができると思います。

日本整形外科学会整形外科専門医
日本再生医療学会再生医療認定医
寺尾 友宏氏

圧力を分散させる構造

正しい歩行は中高年の疾患を改善・予防

歩くことは、筋肉や身体機能の維持に役立ちます。なかでも骨盤の筋肉の活性化は、中高年疾患の改善・予防に繋がります。また、コレステロール値を下げ、腸が活発になることで便秘対策にも効果的。そうした歩行を正しくサポートできる靴も非常に大切です。私自身、Joyaの靴を履きはじめてからは今まで以上に歩くのが楽になりました。自走装置付きかと感じるほど、自然に足が前に出るのです。最近はJoyaの靴のおかげで歩く距離も増え、歩数計のチェックが毎日の楽しみになっています。

女性クリニック秋山医院 
医院長 秋山 尚美氏

体の土台である足を整えて心身ともに健康に

足は体の土台。体のバランスを正しく整えるためには、まず足を整えることがとても大切です。Joyaの靴は、筑波大学での実験で、「優れた衝撃吸収力」「下肢の筋力の増加」「皮下脂肪の減少」「歩行速度の増加」「あおり歩行が実現できる可能性がある」など、その効果が証明されています。患者さんにおすすめするのはもちろん、自分でもJoyaの靴を選んでいます。心身に負担が少なく歩きやすいJoyaを履いて、楽しく歩き、足から体を健康に保ちましょう。

マーキュリーアカデミー -本物を学ぶ学校- 校長
(株)メディカル アンド ナレッジ カンパニー 代表
予防医学・代替医療振興協会 学術理事
医師・産業医・森林医学医 
佐野 正行氏

足首やアキレス腱の問題改善にも期待

Joyaの靴は、履いた瞬間から信じられないほど快適です。「慣れるまでの期間」などというものはありません。そして、靴の構造にも感動しました。非常に安定していて、やわらかいソールによって着地の衝撃とは無縁。私をそれまで6カ月にもわたって苦しめていたアキレス腱炎は、数日のうちに嘘のように改善しました。他の靴では決して経験したことのないことですが、筋肉を強化する効果もあったようです。特に私のふくらはぎでそれが顕著でした。Joyaの靴はスポーツ医学界において、素晴らしい結果を出すでしょう。足、足首などの痛み、アキレス腱炎、筋肉の痛み、そして背骨への圧力を弱める働きも期待できます。

ドイツナショナルサッカーリーグMainz05チームドクター
スポーツ医師 Klaus Gerlach氏

足を守る予防薬であり、術後のサポート役

非常に柔軟性のあるソールのおかげで、Joyaの靴は関節にやさしい。関節、そしてスポーツ関連の手術を多く行っている当センターでは、非常に難しい膝の手術なども行っている。私の意見ではJoyaの靴というのは手術前の予防薬のような役割をする。そして手術後は関節に優しい。しかも、柔軟性のあるソールが歩いている間はずっと痛みから足を救ってくれ、関節や背骨がダメージを受けるのを防いでくれる。健康な人もJoyaから受ける恩恵は多いと思う。

外傷外科の専門家 
Oberholzer博士

履くだけで足が元気に、引き締め効果も

Joyaの靴は筋肉の奥深くを目覚めさせ、足の細胞の血行を良くする。そして履いていると自然に、引き締まってくる。私はおかげで毎日Joyaの靴を仕事に履いていくようになった。

Kiprov私立病院の設立者
Hajnal Kiprov博士

ハムストリングスや背中の痛みにも効果的

Joyaの靴はつま先から背中までのバランスを良くして、筋肉を活性化させる。Joyaの靴はつま先、かかとの痛みを取り除く治療に使え、ハムストリング(ももの後側の筋肉)や背中の痛みにも効果的だろう。

足の手術の専門家
整形外科 Markus Müller 医師

自動的に正しい姿勢に導く独特のソール

ウェッジ型の特別なソールは脊柱に良い影響を与える。まるで、自分の体の中にスプリングが埋め込まれて、自動的に正しい姿勢に直してくれるかのようだ。ソールのクッションは背中、そして関節の痛みに抜群の効果をもたらす。

神経外科、整形外科、整形外科手術の専門家
Ronald J. Sabitzer博士

人工膝や足首、腰など関節の悩みが改善

私は、患者さん全員にJoyaの靴をすすめています。そして、関節に問題があるほとんどの患者さんは、症状が改善。多くが人工膝や足首、腰を持っている方々です。また、脊柱の退行性の病気の患者さんにもJoyaをすすめており、多くの良い結果を得ることができました。Joyaの靴は最適なクッションにより、背骨の痛みを取り除くことができます。

Hofgartenクリニック院長 
M. Fuerst博士

足の筋肉が活性化し、正しい姿勢と歩き方に

Joyaの靴によって正しい姿勢を保つことができます。歩き方が滑らかになり、背中も正しくサポートされます。Joyaの靴を履くことによって、足の筋肉が活性化され、活発になります。Joyaの靴を履き続けることで筋肉間の調和が取れてきます。そして背中の痛みも劇的に改善されます。筋骨格系の痛みがあるすべての方にJoyaをお薦めします。体の歪みが取れるでしょう。しかし「私は健康には何も問題がない」という方にもJoyaをお薦めします。毎日Joyaを履くことで歩き方は滑らかになり、筋肉は活性化されるからです。私は仕事場にいるときはJoyaの靴を毎日履いていますよ。

Simon Feldhaus博士