Joya

専門家の方にコメントをいただきました。

Joyaに出会って7年経ちました。初めて足を靴に入れて立った時の感触は、「トランポリン」の上に乗っている感触。当然その感触で歩くと、弾むような感じで歩けて、不思議と楽しい気持ちになったのが印象的でした。日本上陸当初は、デザインのラインナップが豊富ではなかったため、少々洋服選びに悩みましたが、年々、合わせやすいデザインが増えてきて、今では、仕事中も、プライベートでも愛用し続けています。

今日は歩くぞ!という時は、必ずJoyaを履くようにしていました。年々、Joyaに合う服装を選ぶようになっていました。それほど、快適で足が疲れない靴なんです。

Joyaは、履くだけで正しい姿勢と快適な歩行を導いてくれると謳われていますが、私は、歩き方の工夫もしています。歩行の最後の蹴りだしの時に、親指のつま先までしっかり丁寧にからだを乗せて歩くようにしています。姿勢も常に天井からつられているような感じの姿勢を心がけるようにしています。

また、小股で、なるべく10分以上の連続早歩きをするように心がけています。成人の歩行の適用量は、1日8000歩。1週間で合計56000歩と言われています。ウォーキングなどの有酸素性運動は、脳卒中などの生活習慣病の予防に良いと言われているので、なるべく楽しく長く歩ける靴に巡り会えたことは、私の生活の質を向上させてくれて、笑顔を持続させてくれています。私が爽快に歩いていると、「どこの靴を履いているの?」と聞かれます。私の両親もどこに行く時もJoyaを履いています。もう7年になります。痛みなく長く歩けることのありがたさは、Joyaに出会って感じさせてもらえました。いつまでも元気な足で快適に、この先何年でも両親と一緒に旅行ができるといいなと思います。

足の専門店PEDI CARE代表
一般社団法人日本トータルフットマネジメント協会理事長
桜井 祐子先生

こんにちは!私、看護師をしておりますが、一日中立ちっぱなし・動きっぱなし…足関節腔内にガングリオンと踵骨棘、股関節と腰痛ありで、時に夜勤の時は、とほほ…でした。 そんな時に、私の先生がさっそうと歩いているのを見て、あの靴がほしいい〜〜!って思って、思い切って購入しました。

履いて「正解!」です。浮腫や痛みもさほど気にならず、足底筋膜炎の痛みは「0」。足の指もちょうどよく開き歩きやすくなり、視線がいつもと違うのは、姿勢がよくなったから?勤務先の病院規定は、靴は白の決まりがあるのですが、白…あってよかった!感謝です!

看護師 苅谷 康子さま

私がJoyaの靴に出会うまでは、エアークッションの入った靴を選んでいましたが、Joyaの靴を履いた瞬間 今までいいと思っていた靴が硬いクッションのように感じました。Joyaの靴は常に芝生の上を歩いてるような心地よい感じです。姿勢良く歩け、足の運びもスムーズで疲れません。今ではJoyaの靴でないと履かない!て程の一番お気に入りの靴です。

看護師 朝田 妙子さま

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加